「ラストワンマイル物流とは?」

東北~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

 

うららかな春の日和となりました。いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、小売業界などでは、「物流を制するものがビジネスを制する」と言われることがあります。モノを早く正確に運ぶことへの重要性の高まりとともに、物流が経営資源として重視されていることの表れとも言えます。

 

ところで、物流の世界では、「ラストワンマイル」という言葉が多く聞かれるようになりました。「ラストワンマイルを制するものが物流を制する」という見方をする識者もいるほど、ラストワンマイルを巡っては、小売事業者などが、利用者の拡大に向けて試行錯誤を重ねています。

 

ラストワンマイルの物流とは、どのようなものなのでしょうか。今回は、食品のラストワンマイル物流を中心に、お話ししていきます。

 

 

ラストワンマイルとは?

「ラストワンマイル」は、もともと、通信業界で使われていた言葉です。「通信利用者の建物から最寄りの通信拠点施設までを接続する通信回線のこと」をいい、通信回線をすべての通信サービス加入者宅まで引き込むという事業目的から、「残りの1マイル」という意味で使われるようになりました。現在では、「インターネット接続の最終工程のこと」を指すことが多いようです。

 

近年、ラストワンマイルという言葉は、物流の世界でも使われるようになり、最終拠点(物流センター、リアル店舗など)からエンドユーザーまで商品を運ぶ「配送」の最後の区間を意味します。

 

ラストワンマイルは、英語(last one mile)を直訳すると「最後の1マイル」となりますが、1マイル(1.6 km)という具体的な距離を意味するものではありません。お客さまへ商品を届けるまでの、物流の最後の区間を「1マイル」という短い距離に例えて表現しています。

 

 

拡大基調にある食品宅配のラストワンマイル物流

食品のラストワンマイル物流を語るうえで忘れてはならないのが、食品の宅配です。

ネットスーパーをはじめとする食品宅配のラストワンマイル物流は、最近、ニーズが強まっています。

 

矢野経済研究所の調査によると、食品の宅配市場は、2012年度以降、毎年3%前後の成長が続いています。共働き世帯の増加や高齢化の進行などに伴い、買い物や調理、片付けといった手間を減らしたい消費者が増えており、食品宅配のニーズは高まっています。2021年度には、市場規模は、約2兆4000億円にまで拡大するとみられています。

 

食品宅配サービスは、消費者が望む場所へ、消費者が望む時間帯に、消費者が望んだ量の食品を過不足なく配送することで、食品のラストワンマイル物流を支えています。

 

 

厳密な温度管理が求められる食品のラストワンマイル物流

ラストワンマイル物流では、いかにスピーディーかつ効率的に、商品を届けることができるか、という点が重要になります。

 

それが食品のラストワンマイル物流となると、リードタイムの短縮や配達時間の厳守といったスピード面に加えて、注意しなければならないことがあります。

それは、人が口にする物を動かすために、厳密な温度管理が求められることです。

 

例えば、肉や魚、野菜などの生鮮食料品、乳製品や惣菜といった要冷蔵食品は、鮮度の維持と品質劣化の防止のために、商品に合った温度下で管理する必要があります。

食品は、品目ごとに温度範囲が決まっており、通常、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯によって細かく管理されます。

 

食品の温度管理は、それを生産・加工する施設や、販売する店舗だけでしっかり行っていればよい、というわけではありません。食品を保管する倉庫や、輸送・配送する車両での温度管理がずさんだと、いくら工場で適切に管理したとしても、商品を台無しにしてしまいかねません。

食品を良好な状態で流通させるには、冷凍・冷蔵設備が整った物流センターや、温度管理が可能なトラックも必要であり、生産から消費段階まで一貫して、一定の温度で管理できることが求められます。

 

 

3PL企業のパイオニアであるグッドビリーヴは、食品物流に関して10年以上の実績があり、培ってきた経験とノウハウを生かし、効果的な物流改革を全国に展開してきました。中長期的にお客さまの視点に立ち、ご期待を超えるサービスを提供いたします。

 

⇒グッドビリーヴの「3PLソリューション」の詳細はこちら

 

⇒グッドビリーヴの「物流コンサルティング」の詳細はこちら

 

 

チルド・冷凍・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。

 

「物流の6つの機能」

東北~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

 

新たな元号が決定し、夢と希望が持てる時代につながることを願う今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、物流といえば、一般的に、「モノを運ぶ」というイメージが先行しているように感じます。

また、「物流」という用語を見ると、例えばJIS(日本工業規格)では、「物資を供給者から需要者へ、時間的及び空間的に移動する過程の活動」と定義され、物流が「物資を移動させる活動」と読み取れなくもありません。

 

しかし、実は、物流の機能は「運ぶ」だけではありません。モノが届くまでの活動全体が物流なのです。

 

物流は、運ぶこと、すなわち「輸送」以外にも、「保管」「荷役」「包装」「流通加工」「情報管理」という6つの機能から構成されています。

これらの6つの機能が連携してこそ初めて、モノが届くのです。

 

 

物流の機能

では、物流の6つの機能それぞれについて、説明していきましょう。

物流の機能では、「輸送」「保管」「荷役」の3つが重要といわれることがあります。しかし、最近では、「流通加工」や「情報管理」を重視する荷主も多く、食品物流では、6つの機能すべてが重要です。

 

輸送

「輸送」とは、トラック、鉄道、船舶、航空機などの輸送手段によって、貨物を、ある地点から他の地点へ移動させることをいいます。

 

保管

「保管」は、物流の中心機能の1つであり、物品を一定の場所において、品質、数量の保持といった適正な管理下で、ある期間、保存し管理することです。

食品の保管および輸送では、厳密な温度管理が必要となります。生鮮食料品や冷凍食品など品目ごとに温度範囲が決まっており、通常、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯によって細かく管理されます。

 

荷役

「荷役」とは、輸送と保管を行うときに、物品を取り扱う活動をいいます。輸送されてきた貨物の荷卸しから格納までの各種作業、保管されている物品の出荷指示に基づいた取り出し(ピッキング)、仕分け、積み込み作業などが含まれます。

 

包装

「包装」とは、物品の輸送と保管などにあたって、物品の品質および状態を維持したり保護したりするために、適切な容器などに物品を収納することをいいます。

食品物流では、例えば、開封用のテープが巻き付けられた、菓子箱などを包装する「キャラメル包装」や、内容物の充填時に空気を抜いて密封する「真空包装」が広く普及しています。

 

流通加工

「流通加工」とは、製品が完成した後、使用者まで届ける過程において、物流センター・倉庫、店舗などで、商品に加工する作業をいいます。物流の高度化に伴い、流通加工の重要性は、ますます高まっています。

例えば、食品の物流センターでは、野菜を食べやすい大きさにカットする作業、加工食品や菓子を販売する単位に小分けにする作業が行われています。

 

情報管理

「情報管理」とは、物流が展開されていく過程で発生する、さまざまな情報(データ)を正確に把握し、管理することをいいます。その目的は、上述した5つの機能を効率化、高度化することにあります。

 

輸送業務や倉庫業務では、作業の生産性向上や進捗管理のために、さまざまな情報システムが活用されています。例えば、輸送業務向けには、「輸配送管理システム(TMS)」があり、配送・配車計画、運行管理、荷物追跡管理といった業務をサポートします。また、倉庫業務向けには、「倉庫管理システム(WMS)」があり、在庫管理、保管場所の管理、入荷・検品・ピッキング・出荷などの庫内作業をカバーし、一連の作業の効率化を実現します。

 

 

3PL企業のパイオニアであるグッドビリーヴは、食品物流に関して10年以上の実績があります。培ってきた経験とノウハウを生かし、受発注から調達、保管・在庫管理、流通加工、輸送・配送を包括的に設計し、的確かつ効果的な物流システムを構築してきました。

 

当社はまた、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯に対応した物流センターを日本全国に擁し、自社グループで冷凍・冷蔵車両を保有。全国に流通ネットワークを展開することにより、リードタイムを短縮し、お客さまのニーズに適したサービスを提供しています。グッドビリーヴの食品物流サービスは、安定した品質のもと、各地により効率的な輸送・配送を実現します。

 

⇒グッドビリーヴの「3PLソリューション」の詳細はこちら

 

 

チルド・冷凍・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。

「食品業界と季節波動」

東北~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

 

新年度がスタートしました。気持ちを新たに、ブログをつづってまいりますので、今後ともご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、さまざまなモノを取り扱っている物流業界にあって、食品物流は、特殊な世界といわれることがあります。

それは、ひとつには、食品物流では、生活必需品を扱うという点で、一般的な貨物にはない特徴があるからです。

食品物流には、いくつかの特徴がありますが、食品業界の流通を考えるうえで、「季節波動」は非常に大きな特徴です。

 

そこで今回は、食品物流における「季節波動」を中心に、お話ししたいと思います。

 

 

季節波動とは?

「季節波動」とは、物流量の季節的な偏りをいい、「季節変動」ということもあります。例えば、夏場に飲料の消費量が増える、年末年始に買い込み需要が発生する、お中元やお歳暮の時期に物流量が増える、といったケースがこれに該当します。

 

食品は生活必需品であるため、温度や湿度、行事やイベントなどに直接影響されます。商品カテゴリーによっては、波動のピーク時(繁忙期)の物流量がオフピーク時(閑散期)の数倍であることも珍しくありません。例えば、夏季には、冷凍・冷蔵が必要な飲料・食品などのチルド・フローズン系の商品カテゴリーが大きく荷動きする一方、冬季では、その物流量は夏季の半分以下になります。さらに、常温(ドライ)系の商品カテゴリーにおいても、季節によってよく動く商品と、動かない商品があります。

 

 

困難を伴う、季節波動への対策

食品物流では、季節の移り変わりにより、物流量の波動が存在するために、物流センターのキャパシティーを、波動のピーク時に合わせて設計してしまうと、平常時にセンターに無駄なスペースが発生してしまいます。一方、平常時に合わせて物流センターを設計してしまうと、波動のピーク時に荷物をさばききれず、荷物が頻繁に停滞し、出荷が遅延する可能性が高くなります。

 

また、チルド・フローズン系商品を流通させる際には、冷凍・冷蔵設備が整った物流センターや、温度管理の可能な車両などが必要となります。夏季のピーク時に合わせて、これらを準備してしまうと、夏季以外では過剰資産となりかねません。

 

さらに、製品の生産・販売動向は、季節の変化による寒暖差の影響に加え、行事や流行・習慣などの影響を受けるため、商品発注や在庫管理においても、季節変動による影響を十分に考慮する必要があります。

 

このようなことから、食品メーカーや卸売業者などの食品業界では、季節波動への対策や、季節波動を平準化する(物流量の偏りをなくし、均一な状態にする)ための取り組みなどを進めています。こうした対策や取り組みでは、多くの場合、ある程度平準化した需要予測のもとで、設備や資産を整備したり調達したりすることが必要となります。

 

しかし、荷動きのピークは必ず訪れるものであり、その平準化には困難を伴います。

一方、物流量に応じた物流システムを、自社で構築し運営するとなると、物流量に対応する物流センター運営費や人件費などが必要となりますので、物流コストの柔軟な設定は難しくなります。

 

 

グッドビリーヴなら、季節波動に対応したサービスが提供できます

グッドビリーヴは、食品物流に特化した3PL企業です。3PL企業のパイオニアである当社は、食品物流に関して10年以上の実績があります。培ってきた経験とノウハウを生かし、受発注から調達、保管・在庫管理、流通加工、輸送・配送を包括的に設計し、的確かつ効果的な物流システムを構築してきました。

 

季節により物流量が大幅に変動する物流システムにおいても、これまで、季節波動に柔軟に対応できる体制の構築を実現するなど、当社には多くの成功事例があり、良質で安定したサービスを提供することが可能です。

 

グッドビリーヴは、お客さまの戦略的物流パートナーとして、中長期的にお客さまの視点に立った物流改善を行うことで、継続的な物流の効率化を実現します。

 

⇒グッドビリーヴの「3PLソリューション」の詳細はこちら

 

⇒グッドビリーヴの「物流コンサルティング」の詳細はこちら

 

 

チルド・冷凍・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。