【松本物流センター】

【食品物流サービスブログ】 『松本物流センター』

 

関東~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

 

いつも弊社のホームページ、ブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

さて、物流現場では、高品質なサービスを持続させていくために、さまざまな取り組みが行われています。その1つとして、物流拠点における諸作業の効率化があります。

物流拠点は、物流の各段階に設けられる施設であり、物流ネットワークにおける中継点となります。物流拠点では、保管や流通加工などの作業が、包装・荷役・情報処理の各機能のサポートを受けて行われます。一般的な物流拠点としては、倉庫、物流センター(「物流倉庫」ともいいます。)、配送センター、流通センターなどが挙げられます。

中でも、物流センターは、近年、保管機能、ピッキング機能、流通加工機能、仕分け機能などの複合的な機能を担う施設が多くなっており、重要な物流拠点として位置づけられています。

 

そこで今回は、弊社の物流センターの特長とともに、中部地方にある物流センターのうちの1つ、「松本物流センター」についてご紹介したいと思います。

グッドビリーヴの物流センターの特長

グッドビリーヴの物流センターには、次のような特長があります。

 

  • 日本全国に物流センターネットワークを展開

グッドビリーヴは、委託先を含めて、九州から関東まで全国に12拠点、延べ床面積約50,000 m2の物流センターを保有しています。日本全国に流通ネットワークを展開することにより、リードタイムを短縮し、お客さまのニーズに適したサービスを提供しています。

 

また、食品に特化した倉庫が多く、冷蔵・冷凍・常温の3温度帯に対応可能な倉庫を保有しています。

 

  • 的確な商品保管・管理

自社物流センターには、最新の倉庫管理システム(WMS)を導入しています。賞味期限管理、ロット管理など、細かなステータス管理、トレーサビリティが可能です。バーコードにより正確な在庫管理を実現し、高い出荷精度を誇ります。

また、運用されたデータを基に分析や改善を繰り返すなど、更なるサービス品質の向上に努めています。

 

  • 繁忙期や物量波動にも柔軟に対応

さらに、HTT(ハンディターミナル)やデジタルピッキングシステムといった最新物流機器を導入。荷物の仕分け量や時間当たりの処理量を最大化させることなどが可能です。このため、繁忙期や、物量が急増した場合であっても、安定したサービスを提供することができます。

 

 

松本物流センターのご紹介

グッドビリーヴは、中部地方に、2つの物流センターを保有しています。その1つが、長野県松本市にある「松本物流センター」です。

南アルプスを望む松本物流センターは、長野自動車道の塩尻北インターチェンジから約4分のロケーションにあります。

 

同センターでは、主に、甲信越地方に11店舗を構えるディスカウントストアさま向けの食品全般を取り扱っています。冷蔵・常温に対応可能な倉庫を保有し、商品を出荷先別などに応じて、丁寧かつ正確に仕分けし、お客さまの元へお届けしています。

 

また、同センターは、規模は決して大きくはありませんが、365日24時間稼働しており、業務の効率化にも取り組んでいます。このため、日本全国各地から信州、北陸エリアへ短いリードタイムにより配送が可能です。

 

従業員や、納品業務に携わるドライバーさまとの信頼関係のもと、お客さまに満足していただけるよう、日々業務に励んでいます。

 

 

【松本物流センターの概要】

住 所                : 長野県松本市笹賀6531-21

TEL               : 0263-87-7906

FAX               : 0263-87-7907

 

センター紹介ページのURL   : http://www.gb-web.com/logistics/center/matsumoto-center.html

 

倉庫の種類            : 冷蔵倉庫・ドライ倉庫

延べ床面積            : 216坪

バース数             : 4t×5

配送エリア            : 長野、新潟

 

 

低温帯商品・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。

 

「食品物流の特徴」

【食品物流サービスブログ】 『食品物流の特徴』

 

関東~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

暦の上では既に秋となっていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、「物流」と一口に言いますが、業種や業態によってその内容は違ってきます。中でも、食品物流は特殊な世界といえます。

食品物流では、人が口にする物を動かすという点で、一般的な貨物とは異なるスキルやシステムが求められます。リードタイムの短縮や納期厳守といったスピード面だけでなく、シビアな温度管理なども要求されます。

加えて、最近では、多頻度小口配送、物流波動への対応など、お客さま(卸売業者や小売業者さまなど)のニーズも多様かつ複雑になってきています。食品メーカーさまなどにとっては、こうしたニーズにいかにコストを抑えて応えることができるかが、食品物流の戦略上、重要なポイントとなっています。その手段の一つとして期待されているのが「共同配送」です。食品物流では、共同配送が導入されるケースが多くあります。

 

そこで今回は、食品物流の代表的な特徴として、温度管理と共同配送について、ご説明したいと思います。

 

特徴その1:厳密な温度管理

食品の配送・輸送、保管では、通常の物流とは違って、厳密な温度管理が求められます。

例えば、肉や魚、野菜などの生鮮食品、乳製品や総菜などの要冷蔵食品は、鮮度の維持と品質劣化の防止のために、商品に合った温度下で配送・輸送、保管を行う必要があります。

 

食品の温度管理では、食品ごとに温度範囲が決まっており、通常、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯によって細かく管理されています。

以下に、食品管理の温度帯と保管される食品の例を示します。

 

<食品管理の温度帯と保管される食品の例>

管理帯 温度帯 商品例
常温(ドライ) 10~15℃ 飲料、菓子、缶詰、酒類、食用油、調味料
冷蔵(チルド)  -5~5℃ 紙パック飲料、肉類、魚、野菜、加工食品、乳製品(チーズ、ヨーグルトなど)
冷凍(フローズン) -15℃以下 冷凍食品、アイスクリーム

※常温、冷蔵、冷凍といった温度別の呼称や温度は、必ずしも統一されていないため、業態によって若干の違いがあります。

 

なお、生鮮食品や冷凍食品などは、生産から消費段階まで一貫して、低温、冷蔵、冷凍の状態を保つように管理し、流通させることが必要となります。こうした仕組みは「コールドチェーン」と呼ばれ、食品物流の特徴の一つです。コールドチェーンをうまく機能させるには、生産・加工施設や小売店舗における温度管理だけでなく、食品を運ぶ車両、コンテナ、保管倉庫などについても、一定の温度で管理できることが必要です。

 

 

特徴その2:共同配送の実施

共同配送とは、同じ配送エリアおよび納品先の複数の荷物をまとめて一括配送することをいいます。

 

 

共同配送のメリットには、小ロットの荷物をまとめて配送することでコストを削減できること、ピッキングから配車手配まで一貫した業務によりスピーディーな配送が可能なこと、などがあります。

 

共同配送では、エリア内の小口配送と拠点間の幹線輸送の両方に対応していると、更に効率的な配送が可能です。複数の納品先がある場合でも、距離やエリアを気にせずに、利用することができます。また、急な配送依頼であっても、各地に点在する物流センターのインフラを駆使して、柔軟に対応することが可能です。

 

 

グッドビリーヴは、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯に対応した物流センターを日本全国に擁し、また自社グループで冷凍・冷蔵車両を保有しています。このため、弊社の共同配送は、安定した品質のもと、各地により効率的な輸送・配送を実現することができます。

 

 

グッドビリーヴの共同配送の詳細はこちら

 

チルド・冷凍・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。