「冷蔵・冷凍品を運ぶトラックの種類」

東北~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

 

弊社のブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

さて、食品の輸送・配送では、通常の物流とは違って、厳密な温度管理が求められます。

例えば、肉や魚、野菜などの生鮮食料品、乳製品や惣菜などの要冷蔵食品は、鮮度の維持と品質劣化の防止のために、商品に合った温度下で輸配送を行う必要があります。

 

そして、生鮮食料品や冷凍食品などは、生産・加工から消費段階まで一貫して、低温、冷蔵、冷凍の状態を保つように管理し、流通させることが必要となります。こうした仕組みは「コールドチェーン」と呼ばれています。

 

コールドチェーンをうまく機能させるには、生産・加工施設や倉庫、小売店舗での温度管理だけでなく、食品を運ぶ車両についても、一定の温度で管理できることが必要です。

 

そこで今回は、冷蔵品・冷凍品を運ぶトラックを中心に、お話ししたいと思います。

 

 

冷蔵品・冷凍品を運ぶトラックとは?

生鮮食料品などの冷蔵品や、冷凍食品などの冷凍品を運ぶのには、「温度管理車」が利用されます。温度管理車は、温度を一定に保持して荷物を運搬できます。

コールドチェーンの概念が誕生して以来、温度管理車に対する関心も高まり、現在では、さまざまな形態のトラックが登場しています。

 

温度管理車は、荷台の荷室内の温度管理状況によって、「保冷車」「冷蔵車」「冷凍車」に分類されます。

 

保冷車

保冷車とは、荷室全面に断熱材を施し、外気を遮断して荷物の温度を保つことができる車両をいいます。いわば、クーラーボックス付きのトラックです。

必要に応じて、ドライアイスや氷などを使用し、積荷の温度の上昇を抑えることも可能です。

定温管理は難しいですが、許容温度範囲の広い食品のほか、配送時間や配送距離が短くて済む生鮮食料品などの運搬に利用されます。

 

冷蔵車

冷蔵車とは、断熱材に加えて、冷蔵装置を搭載した車両をいいます。外部からの熱の侵入を抑えて、荷室内の温度を0℃までコントロールできます。イメージとしては、冷蔵庫の付いたトラックといったところでしょうか。

鮮度を保ったまま運ぶ必要のある、鮮魚、生肉、野菜などの生鮮食料品の運搬に適しています。

 

冷凍車

冷凍車は、断熱材に加えて、冷凍装置を備えています。荷室内の温度は、-15℃まで制御でき、冷蔵車よりも低い温度管理が可能です。

堅く凍らせて運ぶ必要のある冷凍食品などの運搬に利用されます。

なお、さらに低い温度管理が可能な超低温冷凍車もあり、アイスクリームや冷凍マグロなどの輸配送に対応しています。

 

以下に、保冷車、冷蔵車、冷凍車の違いを概略的に示します。

 

 

<保冷車、冷蔵車、冷凍車の違い>

 

  保冷車 冷蔵車 冷凍車
荷室の構造 断熱材 断熱材+冷蔵装置 断熱材+冷凍装置
温度管理 できない 0℃まで可能 -15℃まで可能
温度の範囲 常温 中温(5℃~-5℃) 低温(-5℃~-18℃)
積荷 許容温度範囲の広い食品

例)卵、乳製品、生菓子、惣菜

鮮度を保ったまま運ぶ必要のある食品

例)鮮魚、生肉、野菜などの生鮮食料品

カチカチに凍らせて運ぶ必要のある食品

例)調理食品、魚、肉などの冷凍食品

 

※八島勝己『フレッシュフードシステム』32(1), p.41(2003)に掲載された表を一部改変

 

 

管理温度が異なる食品を1台で運搬できるトラックも

温度管理車のなかには、多頻度小口配送のニーズに対応して、1台のトラックの荷室を2室または3室に仕切り、異なる温度帯の食品を一度に運べる工夫がされている車両もあります。例えば、2温度2室のトラックには、冷凍室と保冷(常温)室があり、3温度3室には、冷凍室、冷蔵室、保冷室があります。

このようなトラックの荷台には、センサーが搭載されており、ドライバーは、運転席でそれぞれの室内の温度を確認できます。

 

 

大きさによるトラックの分類

一度に積み込める荷物の重量(積載量)は、トラックによって異なります。

 

一般的に、積載量が2トン以下のトラックは「小型トラック」、4トンクラス(4~8トン)は「中型トラック」、そして、10トンクラス(10~15トン)は「大型トラック」と呼ばれています。そのほか、積載量が350キログラム以下の軽トラックなどもあります。

 

大型温度管理車は、生産・加工拠点と物流センターや卸売業者との間の輸送や、幹線輸送などに適しています。

 

中型温度管理車は、卸売業者と物流センターとの間の配送や、外食チェーン、大型スーパーの店舗向けの配送などに利用されます。

 

小型温度管理車は、コンビニ店舗向けの配送や、都市部での配送などに利用されます。

 

 

グッドビリーヴは、自社グループで冷蔵・冷凍車両を保有しています。2トン車から大型車まで、さまざまなタイプのトラックにより、食品を中心として、荷物を効率的に輸送・配送いたします。

 

-35℃から10℃まで温度設定可能。グッドビリーヴの保有トラックの詳細はこちら

 

小ロットから大口の荷物までお任せください。グッドビリーヴの運送サービスの詳細はこちら

 

 

チルド・冷凍・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。