「食品の宅配は増えている?」

東北~九州まで、日本各地に物流センターを保有し、365日24時間食品物流を支えるグッドビリーヴです。

 

当社のブログ、ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。

 

さて、突然ですが、「食品の宅配」といえば、どのようなものを想像しますか?

まず思い浮かぶのは、ピザの宅配、弁当の宅配などではないでしょうか。「出前」とあまり区別がつかない、という方もいるかと思います。

 

広辞苑(第七版)によれば、「宅配」とは、商品や新聞・雑誌・荷物などを家まで配達することをいいます。ちなみに、「出前」は、料理を調理して注文された家に届けることであり、「仕出し」とも呼ばれます。

 

食品宅配サービスの歴史は古く、その起源は、江戸時代の仕出しともいわれています。

 

最近、食品の宅配は、物流の世界でホットな話題になっています。

 

 

食品宅配サービスとは?

一口に「食品宅配サービス」と言っても、多種多様です。例えば、矢野経済研究所が2017年に実施した、食品宅配市場に関する調査では、「在宅配食サービス」、「食材(惣菜)宅配」、「宅配ピザ」、「外食チェーン・ファストフード宅配」、「生協個配サービス」、「ネットスーパー」、「コンビニエンスストア宅配」、「自然派食品宅配」などに分類されています。

 

食品宅配サービスには、実店舗を拠点とするものと、物流センターを拠点とするものがあります。例えば、スーパーマーケットが手掛けるネットスーパーの多くは、実店舗を拠点としています。一方、生協の宅配やインターネット通販事業者などは、物流センターを拠点としています。

 

食品宅配サービスは、消費者が望む場所へ、消費者が望む時間帯に、消費者が望んだ量の食品を過不足なく配送することで、ラストワンマイルの食品物流を支えています。

 

 

食品宅配市場は拡大傾向

では、タイトルにある「食品の宅配は増えている?」に対する答えは、「YES」か「NO」どちらなのでしょうか。

結論を先に言いますと、「YES」です。

 

矢野経済研究所の調査によると、食品の宅配市場は、2012年度以降、毎年3%前後の成長が続いています。共働き世帯の増加や高齢化の進行などに伴い、買い物や調理、片付けといった手間を減らしたい消費者が増えており、食品宅配のニーズは高まっています。2021年度には、市場規模は、約2兆4000億円にまで拡大するとみられています。

 

近年、生鮮食料品の宅配市場を押し上げているのが、「ミールキット」です。1食分の献立に必要な下ごしらえが済んだ、肉や野菜などの食材と、調味料とがセットになったキットが、家庭に届けられます。調理の簡便化や時短のニーズから、有職主婦を中心に人気が上昇しています。

 

さらに、ここ数年の間に、インターネット通販事業者が相次いで生鮮食料品の宅配サービスを開始。ネット通販利用者の間で、生鮮食料品の宅配ニーズが高まっています。ネット通販による生鮮食料品の宅配は、今後増加する見通しです。

 

 

食品宅配サービスの運営には、厳密な温度管理が必要

食品宅配サービスでは、人が口にする物を動かすという点で、リードタイムの短縮や配達時間の厳守といったスピード面だけでなく、保管や輸送・配送などにおいてシビアな温度管理が要求されます。

 

例えば、肉や魚、野菜などの生鮮食料品、乳製品や惣菜などの要冷蔵食品は、鮮度の維持と品質劣化の防止のために、商品に合った温度下で管理する必要があります。

 

食品は、品目ごとに温度範囲が決まっており、通常、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯によって細かく管理されます。

 

また、生鮮食料品や冷凍食品などは、生産から消費段階まで一貫して、低温、冷蔵、冷凍の状態を保つように管理し、流通させることが必要です。

こうしたコールドチェーンをうまく機能させるには、生産・加工施設や小売店舗における温度管理だけでなく、保管倉庫、食品を運ぶ車両などについても、一定の温度で管理できることが求められます。

 

このように、食品宅配サービスの運営には、厳密な温度管理が必須となります。

 

 

3PL企業のパイオニアであるグッドビリーヴは、食品物流に関して10年以上の実績があり、これまで培ってきた経験とノウハウを生かし、効果的な物流改革を全国に展開してきました。中長期的にお客さまの視点に立ち、ご期待を超えるサービスを提供いたします。

 

⇒グッドビリーヴの「3PLソリューション」の詳細はこちら

 

⇒グッドビリーヴの「物流コンサルティング」の詳細はこちら

 

 

チルド・冷凍・常温品の配送・輸送でお困りの方は、グッドビリーヴまでお気軽にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。