物流コンサルティング

私どもはお客様より業務改善提案の依頼を時々承ります。

  • ピッキングの生産性上げたいが提案してくれ。
  • もっと保管量を増やしたい。どうしたらいいか提案してくれ。
  • ハンディターミナルを導入して精度を上げたいが、運用含めて提案してくれ。
  • 作業人員を減らしたい、どのような自動化機器が向いているのか提案してくれ。

など様々です。

グッドビリーヴの改善提案は具体的な改善方法を提示します。問題点の提示だけではなく「どうしたらよくなるか」を提示することを基本としています。

具体的な改善方法を見付け出せない場合はお客様と一緒に見い出していく方法をとります。

現場調査とヒアリング

お客様から現状の問題点や課題をヒヤリングして、現場調査を行います。改善要望がピッキングの生産性アップだとしても、入荷からのヒアリングや現場調査を行う場合があります。問題点の要因がどこにあるかわからないからです。現場調査をすると、お客様の改善意識や様々な工夫が見えてきますし、逆に勉強になることが多々あります。

調査内容の大項目として右の通りです。この中から今回の提案に関して必要と思われる内容のみを調査します。

  • 1.商品調査
  • 2.出荷先調査
  • 3.物量調査
  • 4.運用調査
  • 5.人員調査
  • 6.タイムスケジュール
  • 7.レイアウト調査
  • 8.現状システム調査
  • 9.設備・機器調査

ヒアリング

  • 商品形態
  • 作業人員
  • 納品要件
  • タイムスケジュール
  • イレギュラー対応
  • 現状精度
  • 商品管理
  • 現状生産性

現場調査

  • 全体レイアウト
  • 時間計測
  • 各作業スペース
  • 帳票・ラベルフォーマット
  • 各作業詳細
  • 保管機器・台数
  • 作業動線
  • 機器サイズ

データ分析結果

  • 出荷アイテム数
  • 総出荷物量
  • 店舗数
  • 総出荷行数
  • 物量/店舗
  • アイテム数/店舗
  • 物量/アイテム
  • 店舗数/アイテム

現状把握

傾向・改善点・問題点・課題・目標

問題解決・改善提案

現状調査を基に提案書を作成して、プレゼンテーションを実施します。提案書はコンサルティング会社のように決まった成果物ではなく、フォーマットは様々です。

何故なら物流工程全体をご提案する場合もありますし、ある作業をピンポイントで提案する場合など様々だからです。

提案書の構成は様々ですが一般的には以下の構成になります。

現状調査内容(与件)

  • ヒアリング内容の整理(与件整理)
  • データ分析・提案基礎データ、データ特徴、月・曜日波動など
  • 現状作業フロー等

現状課題や問題点

  • お客様からのヒアリングした課題
  • グッドビリーヴから見た課題・問題点
  • 改善ポイント

具体的改善方法とその効果

  • 運用提案
  • 物流機器提案
  • システム提案
  • レイアウト提案

費用対効果

費用発生する機器やシステムの導入価値判断

お客様へ改善提案

運用・システム・物流機器